まずはお気軽にご相談を

 

保険会社からの提示額が適正なのか?

いくら増額できるのか?

 

弁護士が無料で診断いたします!

 

交通事故被害相談専用対応窓口

相談実績多数!!

desk

 

診断にご納得いただけたら ご依頼

 

ご依頼主様にかわり

弁護士が責任をもって

示談金の増額を徹底交渉します!!

 

 

contact

よくある質問とご回答

qaq1
Q.交通事故によって生じた損害賠償金額(示談金額)を算定する基準には,どのようなものがあるのでしょうか?
A.示談金額を算定する基準には,①自賠責保険基準,②任意保険基準,③裁判基準の3つがあります。
qaa1
qaq2
Q.自賠責保険基準,任意保険基準,裁判基準とは,どのような基準なのでしょうか?

A.自賠責保険基準とは,自動車害賠償保障法に基づく自賠責保険金を算定するための基準をいいます。

任意保険基準とは,各保険会社が,独自に設定している基準(各保険会社により設定に開きがあります)をいいます。

裁判基準とは,過去の裁判の判例などを元に算出される基準をいいます。

qaa2
qaq1
Q.3つの基準のうち,どの基準で算定される示談金額が,最も高くなるのでしょうか?

A.裁判基準による算定が最も高くなります

(ただし,極めて例外的ですが,裁判基準よりも任意保険基準あるいは自賠責保険基準の方が大きくなるケースも存在します。)。

また,事案によって異なりますが,任意保険基準あるいは自賠責保険基準と比べて,裁判基準の方が何倍も高額になるケースも多数存在します。

*なお,任意保険基準と自賠責保険基準では,基本的には任意保険基準の方が大きい金額ですが,事案によっては,自賠責保険基準の方が高い金額になるケースもあります。

qaa1
qaq2
Q.一般的に,保険会社の提示する示談金が低額になるのは,どうしてでしょうか?

A.保険会社は,任意保険基準あるいは自賠責保険基準に基づいて,示談金を算定するからです。

しかし,本来,示談金は,裁判基準に基づいて算定されなければなりません。

なぜなら,示談金の額は,最終的には裁判所が(裁判基準によって)判断する事項であって,任意保険基準あるいは自賠責保険基準で算定されるものではないからです。

qaa2
qaq1
Q.なぜ,弁護士が交渉することで示談金が増額するのでしょうか?

A.弁護士は,保険会社との示談交渉に際して,示談金を増額しない場合は最終的には裁判で決着をせざるを得ないことを説得的に説明します。

そのような交渉を粘り強く続けることによって,裁判を利用しなくとも,示談金の増額を図ることができます。

qaa1
qaq2
Q.弁護士に示談交渉を依頼することで,具体的にどのようなメリットが出るのでしょうか?

A.大きくは次の5つのメリットが得られると思います。

①示談金の増額

②適切な後遺障害認定のサポート

③相手方保険会社との交渉・やり取りのストレスからの解放

④示談交渉に付随する煩雑な手続きの一切の代行

⑤真に納得のいく解決

qaa2
qaq1
Q.後遺障害の認定が下りていない事案についても,依頼は可能でしょうか?

A.全く問題なく可能です

さらに,後遺障害等級認定の余地についてもしっかりと調査検討したうえで,示談金の増額交渉をさせていただいております。

qaa1
qaq2
Q.弁護士費用など,依頼費用が心配です。

A.ご相談は無料ですし,示談交渉の着手金も無料です。

成功報酬については,増額分の20%(消費税別)ですので,マイナスになることはありません。

なお,裁判解決まで希望される場合には,別途着手金が発生しますが,裁判をすることで経済的に不利になるケースで裁判をすることはありません。

また,そもそも,ご依頼者様が裁判を希望されない場合には,裁判をすることは有り得ません。

詳しくは,ご相談の際にご説明させていただきます。

qaa2

解決事例

当弁護士に依頼された場合の解決事例

Aさんが信号待ちで停車中に、後方から追突された事故

case04

Aさん

性別:男性

年齢:30代後半

職業:会社員

等級:依頼時(等級なし)依頼後(14級9号)

受傷部位:頚椎捻挫

分類:自動車 対 自動車

保険会社からの提示額弁護士交渉後の補償額
傷害治療費547,460547,460
通院交通費11,52011,520
休業損害296,500296,500
傷害慰謝料614,0001,024,000
後遺障害
後遺障害0796,562
逸失利益
後遺傷害慰謝料01,100,000
小計
1,469,5803,776,142
過失割合
0%0%
既受領547,560547,560
922,0203,228,582
*750,000円は、自賠責保険から回収。

担当者のポイント解説

①頚椎捻挫の後遺障害等級獲得(神経症状を裏付ける画像異常なし)、②傷害慰謝料の増額、③後遺障害慰謝料の増額、④後遺障害逸失利益の増額の4点について争いになった事案。

後遺障害等級認定の申請に関しては、綿密な先例調査及び効果的な申請書類の作成を行い、被害者に神経症状を裏付ける画像所見はありませんでしたが、14級9号の後遺障害等級認定を獲得することができました。

その後、可能な限り高額の賠償金を得るために、任意交渉を継続した結果、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益の3点について、裁判基準100%の提案を受け入れてもらうことに成功し、裁判を利用しなくても、被害者に有利な結論で和解することができました。

なお、解決までに要した期間について、依頼~後遺障害の申請~その後の交渉・示談までのすべてを含めて、約半年で解決することができました。

 

Bさんが自転車で横断歩道を走行中、右折してきたミキサー車に巻き込まれた事故

Print

Bさん

性別:女性

年齢:50代後半

職業:専業主婦

等級:併合9級

受傷部位:足関節

分類:自転車

保険会社からの提示額弁護士交渉後の補償額
傷害治療費3,903,6203,903,620
通院交通費5,3605,360
入通院雑費218,900218,900
休業損害1,168,5002,692,857
傷害慰謝料1,750,6002,606,400
その他211,495211,495
後遺障害
後遺障害5,561,74110,766,015
逸失利益
後遺傷害慰謝料2,450,0006,210,000
小計
15,270,21626,614,647
過失割合
10%(−1,527,022)0%
調整金0-275,272
既受領4,339,3754,339,375
9,403,81922,000,000

担当者のポイント解説

過失割合,家事従事者の休業損害,家事従事者の後遺2害逸失利益の3点について大きな争いになった事案。

先例調査及び任意交渉を粘り強く継続した結果,上記3点(過失,休業損害,逸失利益)について被害者側に有利な結論で和解することができたため,大幅に金額が増加した。

なお,解決までに要した期間は,半年弱でした。

 

Cさんが,自転車で交差点を走行通過中,自転車の横側から車に衝突させられた事故

Print

Cさん

性別:男性

年齢:20代後半

職業:配送業

等級:11級

受傷部位:第9胸椎

分類:自転車

保険会社からの提示額弁護士交渉後の補償額
傷害治療費3,903,6203,903,620
通院交通費5,3605,360
入通院雑費218,900218,900
休業損害1,168,5002,692,857
傷害慰謝料1,750,6002,606,400
その他211,495211,495
後遺障害
後遺障害5,561,74110,766,015
逸失利益
後遺傷害慰謝料2,450,0006,210,000
小計
15,270,21626,614,647
過失割合
10%(−1,527,022)0%
調整金0-275,272
既受領4,339,3754,339,375
9,403,81922,000,000

担当者のポイント解説

他事務所では,増額可能性が低いとして依頼を断られた後に,ご相談に来て下さって受任した事例。逸失利益の増額と慰謝料の増額がポイントとなり事案でした。

綿密な判例調査を行い,過去の判例に基づく交渉を重ねた結果,逸失利益と慰謝料について被害者側に有利な結論で和解することができたため,大幅に金額が増加した。

なお,解決までに要した期間は,4カ月程度でした。

 

Dさんが,横断歩道を歩行中,車に衝突させられた事故

”Y‚Ý-Žo

Dさん

性別:男性

年齢:60代半ば

職業:自動車工場勤務

等級:14級

受傷部位:左膝蓋

分類:歩行者

保険会社からの提示額交渉後の補償額
傷害治療費66,68066,680
通院交通費32,41032,410
入通院雑費13,20018,000
休業損害316,426316,426
傷害慰謝料451,2981,514,000
その他78,39078,390
後遺障害後遺障害慰謝料1,350,0004,200,000
後遺障害逸失利益5,768,41111,006,438
(調整枠)050
合計額8,076,81517,232,394
過失割合15%15%
過失相殺額-1,211,522-2,584,859
既受領145,070145,070
保険会社支払額6,720,22414,502,465

担当者のポイント解説

後遺障害逸失利益,後遺障害慰謝料,傷害慰謝料の増額がポイントとなる事案でした。

損害調査を行った後,損害賠償請求をした結果,1回の交渉だけで,後遺障害逸失利益,後遺障害慰謝料,傷害慰謝料について被害者側に有利な結論で和解することができたため,大幅に金額が増加した。

なお,解決までに要した期間は,2か月半程度でした。

費用について

free

※特約内容により異なりますが、上限300万円程度まで無料です。

※弁護士による交渉後、増額されない場合は成功報酬を一切いただきません 。

交通事故被害者119

運営弁護士

弁護士大谷 真司弁護士石原 一樹
所属事務所法律事務所ホームワン所属事務所窪田法律事務所
所属弁護士会東京弁護士会所属弁護士会第二東京弁護士会
登録番号第47185号登録番号第47319号
住所東京都中央区銀座5-13-12 サンビル9階住所東京都港区虎ノ門4-1-17神谷町プライムプレイス9F

弁護士にご相談下さい

保険会社の提示額をどれだけ増額することができるか、私たちにお任せ下さい

まず最初に、交通事故の被害に遭われた方へ、心よりお見舞い申し上げます。

 

突然の交通事故。そして、治療や加害者との交渉と大変な思いをされ、今までの生活が一変されてしまったのではないでしょうか。

 

保険会社は残念ながらあなたの味方ではありません。保険の会社としてサービスは提供しつつも、会社として、できるだけ払う金額は少なくおさめたいと考えています。

 

保険会社から提示された金額が正当な金額であるかどうか、私たちが無料で診断いたします。

適正でないと思われる場合、私たち弁護士がご相談者さまの代理人、つまり味方となって、一番高額の裁判所基準の金額で示談を成立させることができるよう、保険会社と交渉を行います。

 

私たちは今までもたくさんの交通事故被害者の方々のご相談を承ってまいりました。 後悔しないために、まずは私たちにご相談ください。

 

保険会社からの示談に応じる前に、必ずその金額が妥当であるかご確認ください。 私たち弁護士が、正当な金額を算出し、請求手続きをいたします。

お問合せ

contact

お問い合わせフォーム

※お預かりした個人情報は、個人情報保護方針に従い、該当する用途以外は一切使用いたしませんので、ご安心ください。

フォームに必要な情報をご記入後、「確認」ボタンをクリックしてください。は必須項目です。

※物損事故、交通事故の加害者の方のご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください

お名前(必須)


お電話番(必須)
メールアドレス (必須)
お住まいの都道府県
ご連絡の時間帯

弁護士特約の有無
事故日
事故に遭われた場所
相手方任意保険の有無
治療の段階
ご相談内容 (事故・診断内容の詳細など)